FC2ブログ
2015-06-22

諸星和己 ローラースケートで新曲「あさきゆめみし」熱唱

 元光GENJIの諸星和己(44)が21日、都内で約3年半ぶりとなる新曲「あさきゆめみし」の発売記念イベントを開催した。

 95年に光GENJIが解散し、今年はソロ活動20年目となるが、新曲はファンへ「20年前に“ありがとう”を言い忘れていた」という思いをつづった。元チェッカーズの鶴久政治がプロデュース&作曲、氣志團の綾小路翔が作詞を担当し、歌詞には「硝子」「銀河」など、光GENJI時代の楽曲タイトルを数多くちりばめている。

 この日は鶴久の提案で、ローラースケートを履いて熱唱。ステージを縦横無尽に動き回り、当時と変わらぬキレを見せたが、「ローラースケートを履いて歌うとつらい」と本音も。当時のメンバー7人での再現の可能性については「うちのメンバーは問題が多すぎる」と苦笑いだった。

2015年6月22日--デイリースポーツ online
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

2015-06-22

水樹奈々、アニソンフェス「KING SUPER LIVE 2015」猛ダッシュ飛んで歌って

 森口博子(47)、水樹奈々(35)らキングレコード所属歌手によるアニソンフェス「KING SUPER LIVE 2015」が21日、さいたまスーパーアリーナで行われ、22組のアーティストが全47曲を披露した。

 大トリを務めた水樹は、得意のフライングを繰り出し15メートルの高さで80メートル空中遊泳。さらに着地後は長さ100メートルを超えるステージを猛ダッシュ。飛んで!走って!歌って!のステージで「終末のラブソング」などを熱唱した。

 また、森口も1メートル四方の台に乗って7メートルの高さまで上がり、「ETERNAL BLAZE」などを熱唱。「お客さんのパワーが伝わってきて怖くなかった。小林幸子さんの気持ちが分かった」と振り返った。


2015年6月22日--デイリースポーツ online
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/



2015-06-22

長渕剛 静岡・富士山本宮浅間大社で、新曲「富士の国」を奉納演奏

 歌手の長渕剛(58)が21日、静岡・富士山本宮浅間大社で、新曲「富士の国」(22日発売)の奉納演奏を行った。

 8月22日に富士山麓で開催する、オールナイトライブの成功も祈願して、「こうやって歌を神さまにささげるのは、初めての体験ですが、今日、すーっと女神たちと心が通った気がした」としみじみ。境内ではミニライブも行い、招待客ら1000人に新曲や「乾杯」など6曲を弾き語りで披露した。

2015年6月22日 --デイリースポーツ online
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


2015-06-21

V6 都内デビュー20周年イベントに1200人集結

 V6が20日、都内でデビュー20周年記念イベントを行った。最新シングル「Timeless」の購入者の中から抽選で選ばれたファン約1200人が集結。「V6の20周年」にちなんで6月20日の午後6時20分にスタート。

 幕開けは3Dホログラム映像を使ったヒット曲メドレー。ホログラムによる“分身”が代表曲「WAになっておどろう」などを歌うと、6人が登場したと勘違いしたファンは総立ち。4曲目の「Timeless」でようやく本物のメンバーが姿を現し、ホログラムとの“12人”によるステージを展開した。井ノ原快彦(39)は「だまされたでしょ?」といたずらっぽく笑った。

 イベントではメンバー6人が合作で作詞し、井ノ原が作曲した新曲「~此処から~」を初披露した。グループの足跡を振り返った詞に、岡田准一(34)は「何かグッとくるね」と感慨深げに話した。同曲は20周年記念ベストアルバムに収録される。8月30日には全国ツアーが開幕する。井ノ原は「30年、40年に向かって走っていきたい」と意気込んだ。

2015年6月21日 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

2015-06-18

酒鬼薔薇著書「絶歌」推定売り上げ6万7000部でオリコン週間ランキング1位

 神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性が「元少年A」として出版した手記「絶歌」について、版元の太田出版(東京)は17日、今後も出版を継続すると自社のホームページで表明した。「社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、見つめ考える必要がある」としている。

 同社は初版10万部を発行しており、今後も増刷する予定。情報会社オリコンは、本の週間ランキングの総合部門(コミックと文庫を除く)で1位になったと発表した。集計期間は8~14日。推定売り上げ部数は約6万7000部という。

 一方で、遺族の心情を配慮し販売を自粛する書店も増えている。大手書店の一つは、発売直後に100近い全店舗で販売を中止。被害者遺族の事前了解がなかったと知り、心情に配慮した。客からの批判が増えたため、店頭に並べるのをやめた書店もある。

2015.6.18 - SANSPO.COM(サンスポ)
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


2015-06-13

大野いと 10代最後の写真集「dear」で洗練健康美を披露

 女優の大野いと(19)が10代最後となる写真集「dearを25日に発売する。「第12回クラリーノ美脚大賞ティーン部門」を受賞した美しい脚を前面に押し出して、洗練された健康美を披露している。

 撮影は今年の3月から4月にかけて都内で行われた。大野は「若干大人になったわたしが写っていると思います。ハタチ前のわたしと会いましょう」とコメントしている。

2015年6月13日 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


2015-06-12

石井聖子 3曲入りシングル「7cm」6月24日リリース

 歌手石井聖子(41)が、ストーリー仕立ての3曲入りシングル「7cm(センチ)」を6月24日にリリースする。オフィスで居場所を失っている“お局”の心境や、年下男性社員からの思いに素直になれない気持ちなど、複雑なアラフォー心理を歌に込めた。歌手業と平行し、コスメ事業で接客に立つOLでもある。「働く現場のリアルを知っている私だから歌えるストーリー。仕事に恋愛に頑張る同世代に聴いてほしい」と話す。

 1曲目の「局(TSU-BO-NE)」は、仕事一筋で生きてきたが、オフィスでの立場を追われたお局OLの胸の内を歌う。ハード路線のアップテンポなメロディーで「やってらんない」とぶちまける内容。甘いクリアボイスが持ち味の石井聖子にとって大きなチャレンジとなった。セクハラ上司への宣戦布告など、歌詞は痛快だ。

 2曲目「Irony」は、そんな女性が偶然昔の彼氏を見かけたことをきっかけに、あの頃とこれからの自分に向き合う曲だ。

 石井 40年生きてきたら、誰にでも「あの時、素直にああしておけば良かった」みたいな後悔はある。そういう思いを経験して今があると思えば、後悔も大事。「そんな自分も許して愛せなくちゃ」という歌詞が好きなんです。

 パッケージタイトルにもなっている3曲目の「7cm」は、心のバリアーの高さを7センチヒールに込めた恋の歌。年下男性社員からの思いに素直になれないアラフォーOLが、殻を破って前向きになるまでを描く。透明感あふれるボーカルがよく似合う、しっとりとしたバラードだ。


 母親は「ラテンの女王」といわれた歌手で女優の坂本スミ子。火のような音楽の母親とは対照的に、石井は水のような音楽と評される。




2015年6月12日 - 芸能 日刊スポーツ
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/






2015-06-09

スターダスト・レビュー新曲「おぼろづき」が注目…リクエスト相次ぎ音楽チャート急上昇

 4人組バンド「スターダスト・レビュー」の新曲「おぼろづき」が注目を集めている。彼らの名曲「木蘭の涙」にも通じる叙情的なバラードにリクエストが相次ぎ、ラジオのオンエア回数も加算される音楽チャート「ビルボード・ジャパン・ホット(BJH)100」で登場3週目にして順位が急上昇。作詞作曲したボーカル&ギター根本要(58)がこのほど、大阪市内で取材に応じ、同曲について語った。

 昨年発売したアルバム「SHOUT」の収録曲として、有線放送へのリクエストが増加。BSジャパン「松本清張ミステリー時代劇」の主題歌に抜てきされ先月27日、シングルカットされた。6月8日付のBJH100では前週の77位から27位にジャンプアップ。ロングヒットを予感させる好反響に、根本は「切なさがリスナーの耳に引っかかったのかも」と喜んだ。

 スタレビの楽曲の大半を根本が手掛けるが、「木蘭の涙」はベース柿沼清史(57)が作曲。代表曲の1つだが「僕らの中では異質なタイプの曲」と位置づける。根本は「おぼろづき」のメロディーが浮かんだ際、「木蘭の涙」と、「今夜だけきっと」「夢伝説」などの他のメジャー曲との間を埋める1曲になると手応えを感じたという。

2015年6月9日 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


2015-06-02

板野友美 新曲「Gimme Gimme Luv(ギミ・ギミ・ラブ)」MVで“おねだりともちん” セクシービキニも

 元AKB48の板野友美(23)が7月1日発売の新曲「Gimme Gimme Luv(ギミ・ギミ・ラブ)」のミュージックビデオで“おねだりともちん”になった。

 日本語で「愛をちょうだい」という意味の曲名にちなんで、男性を誘惑するような顔つきで手招きする「ギミギミダンス」が特徴。初のボンデージ姿など衣装も5変化。アップテンポな曲調に「これまでで1番のダンスナンバー」と本人もお気に入りだ。ジャケット写真ではセクシーなビキニ姿を披露している。

2015年6月2日― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


2015-06-02

TUBE 30年目の夏!9年ぶり聖地で、歌唱曲「夏を待ちきれなくて」でスタート22曲熱唱

 93年に初出場したNHK紅白歌合戦の歌唱曲「夏を待ちきれなくて」でスタートした。冒頭から汗だくで歌い「きょうはTUBEの30歳のバースデー」と、観客1万1000人にあいさつ。「ビーチタイム」「夏を抱きしめて」「シーズン・イン・ザ・サン」などの定番ソングを畳みかけ、夏の始まりを感じさせた。

 全22曲、約2時間半のステージで、新アルバム「Your TUBE+My TUBE」(17日発売)の収録曲も披露。広瀬香美(49)から楽曲提供された「おかげサマー」を初披露すると、前田は「冬の女王(広瀬)が夏の王様、いや、夏のプリンスのために書き下ろしてくれた」と紹介し、笑いを誘った。

 武道館公演は06年6月以来、9年ぶり。ベースの角野秀行(49)は「武道館のステージに立つことを夢見てTUBEを始めた。9年ぶりにまた、このステージに立つことができた」と感慨深げ。客席には織田哲郎(57)や大黒摩季(45)の姿もあった。

 終演後には客席から自然に「ハッピーバースデー」の合唱が起こった。メンバー4人はマイクを通さずに「ありがとう」と叫ぶ恒例パフォーマンスで締めくくった。

2015年6月2日 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/



2015-06-02

松田聖子、NHK音楽番組『SONGS』で名曲メドレー「夢の世界を楽しんで」

 4月にデビュー35周年を迎えた歌手、松田聖子(53)が、13日放送のNHK音楽番組「SONGS」(土曜後11・30)に出演する。

 テーマは「Seiko in Wonderland」。メリーゴーラウンドやティーカップが登場するキュートなセットをバックに、大ヒット曲「秘密の花園」「小麦色のマーメイド」「SWEET MEMORIES」をメドレーで披露。名曲「赤いスイートピー」も番組初披露する。

2015.6.2 - SANSPO.COM(サンスポ)
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/


最新記事
フリーエリア
  あなたにおすすめイケメン・アイドル    下記二票クリック御協力お願いします にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ abc.gif
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

芸能情報太郎

Author:芸能情報太郎
FC2ブログへようこそ!